こんぺいとうの凹凸

ポケモンやバンブラなどについて気ままに書いていきます。

バトルロードグロリア2015L.C.Q.&日本一決定戦使用パーティ ポリゴン2ガルーラ

バトルロードグロリア2015L.C.Q.と日本一決定戦で使用したパーティの紹介です。

L.C.Q.ではMブロックを7勝0敗で予選1位通過後、Bリーグ3勝1敗で準優勝。
日本一決定戦ではBブロック3勝2敗の3位で予選敗退でした。

f:id:kuru_rin:20150923215027p:plain f:id:kuru_rin:20150923214939p:plain f:id:kuru_rin:20150923214932p:plain
f:id:kuru_rin:20150923215033p:plain f:id:kuru_rin:20150923215029p:plain f:id:kuru_rin:20150923215031p:plain

使用パーティ
ポケモン 特性 技1 技2 技3 技4 持ち物
ポリゴン2 トレース れいとうビーム トライアタック じこさいせい トリックルーム しんかのきせき
ガルーラ きもったま→おやこあい おんがえし ねこだまし けたぐり ふいうち ガルーラナイト
リザードン もうか→ひでり ねっぷう かえんほうしゃ めざめるパワー(地面) まもる リザードナイトY
ランドロス いかく いわなだれ じしん ばかぢから はたきおとす とつげきチョッキ
ヒードラン もらいび かえんほうしゃ だいちのちから めざめるパワー(氷) まもる シュカのみ
モロバレル さいせいりょく エナジーボール いかりのこな キノコのほうし にほんばれ ゴツゴツメット
コンセプト

ジャパンカップ後に色々なブログを見たところポリゴン2で「トリックルーム」を起動するという記事を見つけ面白そうだなと思い使ってみることにしました。

トリックルーム」を中心に戦うパーティは「トリックルーム」を1回貼っただけで勝負が決まることはほとんど無く、2回目以降貼れるかどうかで試合結果が左右されることが多々あるように感じました。

ポリゴン2は「しんかのきせき」による優れた耐久と「じこさいせい」による回復手段があるので「トリックルーム」を複数回決めることが出来、起動役としては最適でした。

アタッカーとしてガルーラとヒードランを採用しこれら3体が苦手な格闘タイプに強くサポートできるモロバレルが入ってきました。

この4体だけではポリゴン2が「トリックルーム」を使えなかった場合相手に上から押されて負けてしまうので素早さが高く「いかく」の特性を持つランドロスを採用しました。

残り1枠はパーティ全体としてモロバレルギルガルドが重めなのでそれらを迅速に処理できるリザードンを入れました。

この2体を入れることで地面の一貫を無くすことが出来ました。


個別解説


f:id:kuru_rin:20150923220555p:plain
ポリゴン2

性格:のんき
特性:トレース
持ち物:しんかのきせき
努力値:H244 B236 C4 D20
実数値:191-x-154-126-118-58
技:れいとうビーム/トライアタック/じこさいせい/トリックルーム

しんかのきせき」による圧倒的な耐久力で安定して「トリックルーム」を貼ることができるこのパーティの主役。

努力値はかささんのクチバクトリパの記事に載っていたものを使用しました。

技はランドロスボルトロスボーマンダに対する打点となる「れいとうビーム」、タイプ一致で追加効果も期待できる「トライアタック」、HPを回復して場持ちを良くする「じこさいせい」、このパーティのテーマでもある「トリックルーム」としました。

以前は「トライアタック」の代わりに「めざめるパワー(地面)」を入れていましたが、ミロカロススイクンといった高耐久の水タイプやガルーラ・ニンフィアサーナイトなどの氷や地面が弱点ではないポケモンに対して置物になってしまうことがあったため変更しました。

ポリゴン2クレセリアよりも優れている点は

またポリゴン2の特性は「トレース」「ダウンロード」「アナライズ」の3つがありますが

  • このパーティでのポリゴン2の役割は「トリックルーム」を複数回貼ることであるためCを上げる必要性があまりない
  • パーティ全体として物理方面に耐久を振っているのでサーナイトに「ダウンロード」を「トレース」された場合Cが上がる可能性が高い
  • 環境に蔓延しているCHALKの特性は強力なものが多い

以上の理由から「トレース」を選択しました。
実際「もらいび」や「いかく」、「おやこあい」などといった特性のポリゴン2が誕生して試合を有利に進めることが出来ました。



f:id:kuru_rin:20150923221342p:plain
・ガルーラ

性格:ゆうかん
特性:きもったま→おやこあい
持ち物:ガルーラナイト
努力値:H212 A252 B44
実数値:メガシンカ前 207-161-106-x-100-85 メガシンカ後 207-194-126-x-120-94
技:おんがえし/ねこだまし/けたぐり/ふいうち

ねこだまし」で「トリックルーム」をサポート出来、さらに自身も攻撃の主役になれるポケモン

技構成はタイプ一致で反動ダメージの無い「おんがえし」、上記の行動をするための「ねこだまし」、相手のガルーラやヒードラン、そしてパーティ全体で重めになりがちなサザンドラを早急に処理するための「けたぐり」、最後にトリックルーム下でも優先度+1で「ブレイブバード」を打ってくるファイアローやHPが残り少なくなった時に少しでもダメージを入れられる「ふいうち」の4つにしました。

努力値はA194メガガルーラの「けたぐり」を確定耐えを確保し、残りをAに振り切りました。

自分はメガガルーラをこの型を使うまでは陽気最速でしか使ったことがなかったのですが耐久も火力も格段に上昇し、より安定感が増して使いやすくなった印象がありました。

すてみタックル」ではなく「おんがえし」を選択した理由はメガガルーラで相手のポケモンを1発で倒す必要が無かったこと(後発のヒードランなどの圏内に入れれば)に加えて反動ダメージで自らのHPを削って縛られる状況を作りたくなかったからです。

また「せいしんりょく」ではなく「きもったま」という特性を採用したのは「きあいのタスキ」持ちゲンガーが重かったためです。



f:id:kuru_rin:20150923221457p:plain
リザードン

性格:おくびょう
特性:もうか→ひでり
持ち物:リザードナイトY
努力値:H108 B4 C144 S252 個体値(31-x-31-30-30-31)
実数値:メガシンカ前 167-x-99-147-105-167 メガシンカ後 167-x-99-197-135-167
技:ねっぷう/かえんほうしゃ/めざめるパワー(地面)/まもる

ガルーラで攻める際に障害となるゴーストタイプや格闘タイプ(ギルガルド・ゲンガー・モロバレルズルズキンローブシンなど)に強く、自身の特性の恩恵も受けて炎技を連打してるだけで相手をどんどん削っていくことの出来るポケモン

努力値はれてぃあさんのリザドランの記事に載っていたものを使用しました。

技はタイプ一致の高火力範囲技の「ねっぷう」、命中率が100%で安定したダメージを与えられる「かえんほうしゃ」、ヒードランに対する打点となる「めざめるパワー(地面)」、大切に扱うための「まもる」。

ソーラービーム」ではなく「めざめるパワー(地面)」を採用した理由は「ソーラービーム」を打ちたい相手(スイクンミロカロスマリルリなど)はガルーラでも処理可能で、ポリゴン2ヒードランに対する打点を持っていないのでヒードランで詰む状況を減らすためです。



f:id:kuru_rin:20150923221423p:plain
ランドロス(霊獣)

性格:ようき
特性:いかく
持ち物:とつげきチョッキ
努力値:A252 D4 S252
実数値:164-197-110-x-101-157(理想個体の場合)
技:いわなだれ/じしん/ばかぢから/はたきおとす

物理耐久を事実上上げてくれる特性「いかく」を持ち、ヒードラン・ガルーラ・ボルトロスリザードンに対する打点を持っています。

技はボルトロスリザードンを削り更に怯みも狙える「いわなだれ」、タイプ一致の高火力範囲技の「じしん」、ガルーラやズルズキンに対する打点となる「ばかぢから」、相手のポケモンの持ち物を無効化しクレセリアを削れる「はたきおとす」の4つ。

持ち物は「ねっぷう」や「れいとうビーム」などの特殊技のダメージを軽減できる「とつげきチョッキ」としました。

最速にしたので大抵のガルーラよりも先に行動できるのが強かったです。



f:id:kuru_rin:20150923221046p:plain
ヒードラン

性格:れいせい
特性:もらいび
持ち物:シュカのみ
努力値:H252 C252 D4
実数値:198-x-126-200-127-73(理想個体の場合)
技:かえんほうしゃ/だいちのちから/めざめるパワー(氷)/まもる

炎やフェアリーに対して安全に後投げ出来るだけではなく、火力も申し分ないため非メガ枠の中でも優秀なポケモン

技はタイプ一致の「かえんほうしゃ」、相手のヒードランに対する打点になる「だいちのちから」、メガボーマンダランドロスへの打点となる「めざめるパワー(氷)」、4倍弱点持ちで慎重に扱う必要があるので「まもる」を選択しました。
「ねっぷう」ではなく「かえんほうしゃ」を採用した理由はダブルダメージの「ねっぷう」では221-101モロバレルを1発では落とせませんが、「かえんほうしゃ」では50%で落とせることと命中率が100%であることです。

努力値はHC特化にして耐久と火力を伸ばしました。

持ち物は相手のヒードランランドロスに対して強気に動くためのシュカのみ。



f:id:kuru_rin:20150923221111p:plain
モロバレル

性格:のんき
特性:さいせいりょく
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 D4
実数値:221-x-134-105-101-31
技:エナジーボール/いかりのこな/キノコのほうし/にほんばれ

「いかりのこな」で相手のポケモンの技を引き寄せて味方が安全に攻撃できるようにし、「キノコのほうし」で眠らせることで味方を攻撃から守ることができます。
格闘弱点のポケモンがパーティに多いので一貫を切るためにも不可欠な存在。

技は上述の理由から「いかりのこな」、「キノコのほうし」を採用し、タイプ一致の攻撃技として「エナジーボール」、雨パ対策に「にほんばれ」を入れました。

主にガルーラの攻撃を吸い寄せるために採用したので努力値はHB特化にしました。ゴツゴツメットを持たせているのでガルーラのHPを削ることも出来ます。

また雨パが重いため「ギガドレイン」よりも威力の高い「エナジーボール」を選びました。モロバレルはそれほど大切に扱わないので「まもる」が無くても困ることはあまりありませんでした。


パーティの変遷

ポリゴン2入りのパーティは6月頃から使っていて少しずつ改善していき今のような形になりました。


f:id:kuru_rin:20150923220555p:plainf:id:kuru_rin:20141018120724p:plainf:id:kuru_rin:20150923220948p:plainf:id:kuru_rin:20150923221032p:plainf:id:kuru_rin:20150923221046p:plainf:id:kuru_rin:20150923221111p:plain

第19回アリーナオフで使用しました。ニンフィアが入っていますがサザンドラやこの時期まだメジャーではなかったズルズキンが重かったです。

      ↓

f:id:kuru_rin:20150923220555p:plainf:id:kuru_rin:20150923221342p:plainf:id:kuru_rin:20150923220948p:plainf:id:kuru_rin:20150923221314p:plainf:id:kuru_rin:20150923221046p:plainf:id:kuru_rin:20150923221111p:plain

第4回ぽちゃオフで使用しました。ハリテヤマをガルーラ、ニンフィアトリトドンに変更することでランドロスヒードランには強くなりましたがサーナイトがかなり厳しかったです。

      ↓

f:id:kuru_rin:20150923220555p:plainf:id:kuru_rin:20150923221342p:plainf:id:kuru_rin:20150923220948p:plainf:id:kuru_rin:20150923221423p:plainf:id:kuru_rin:20150923221046p:plainf:id:kuru_rin:20150923221111p:plain

第27回がにゅーオフで使用しました。ランドロスを採用しメガボーマンダを選出しない場合でも物理耐久を上げられるようにしました。
しかし依然としてサーナイト入りのパーティ(特に雨サナバレル)が厳しかったです。

      ↓

f:id:kuru_rin:20150923220555p:plainf:id:kuru_rin:20150923221342p:plainf:id:kuru_rin:20150923221457p:plainf:id:kuru_rin:20150923221423p:plainf:id:kuru_rin:20150923221046p:plainf:id:kuru_rin:20150923221111p:plain

ヴィクトリアリーグランセ、バトルロードグロリア2015オンライン予選で使用しました。この時はリザードンが耐久寄りの個体でした。

      ↓

f:id:kuru_rin:20150923220555p:plainf:id:kuru_rin:20150923221342p:plainf:id:kuru_rin:20150925161503p:plainf:id:kuru_rin:20150923221423p:plainf:id:kuru_rin:20150923221046p:plainf:id:kuru_rin:20150923221111p:plain

オンライン予選が終わった後ランドロスヒードランが重いことに気が付きそれらに強いマリルリを入れてレートで回していました。マリルリは腹太鼓型もチョッキ型もどちらも強かったですが、パーティ全体が低速のポケモンで固まってしまい素早さで上を取られ押し切られることが多くあまり勝てませんでした。

      ↓


f:id:kuru_rin:20150923220555p:plainf:id:kuru_rin:20150923221342p:plainf:id:kuru_rin:20150923221457p:plainf:id:kuru_rin:20150923221423p:plainf:id:kuru_rin:20150923221046p:plainf:id:kuru_rin:20150923221111p:plain

L.C.Q.と日本一決定戦で使用しました。レートで対戦していると相手の最速リザードンに負け、軽い気持ちでマリルリの枠を最速リザードンにしてみたら思っていたよりも好感触。スカーフランドロスや素早さに多めに努力値を振ってるガルーラが少なかったことも影響したと思います。