こんぺいとうの凹凸

ポケモンやバンブラなどについて気ままに書いていきます。

ライブ大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス 2017」 対戦レポート

6/18(日)に開催されたライブ大会の対戦レポートです。使用したパーティはこちら。(ライブ大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス 2017」 使用パーティ FAKEPM(Marowak) - こんぺいとうの凹凸)

結果は4勝2敗でした。



R1 シャンディさん 勝ち 1-0

自分:f:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822100701p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain

相手:f:id:kuru_rin:20170822101053p:plainf:id:kuru_rin:20170822101105p:plainf:id:kuru_rin:20170822101114p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plain(f:id:kuru_rin:20170822101153p:plainf:id:kuru_rin:20170822101234p:plain)


選出画面を見て苦しい試合になると覚悟する。『いかく』によりマッシブーンを弱体化でき、「じならし」でウツロイドに打点があるウインディカプ・テテフの『サイコフィールド』を上書きでき、マッシブーンバルジーナに有利なカプ・レヒレを先発に。先発の2体だとジバコイルが重いのでガラガラを3体目にして残り1枠は上から<こだわりメガネ>の高火力で押し切れるカプ・コケコを選択。
先発でウツロイドが出てきて「じならし」を打ちたいが「トリックルーム」をされる可能性もあるので打ちづらい。「トリックルーム」下でS1段階下降最遅ウツロイドよりもガラガラの方が先に動けると勘違いしていたため「じならし」を選択。択を外して大ダメージを負うことは避けたかったためカプ・レヒレマッシブーン方向に「ムーンフォース」を選んだが相手の2体は「まもる」で様子を見てくる。2ターン目こちらとしては何としてもウツロイドにダメージを入れないといけないのでウインディは「じならし」カプ・レヒレマッシブーンに「ムーンフォース」を選択。ウツロイドの「ヘドロばくだん」とマッシブーンの「ばかぢから」をカプ・レヒレに集中されるが木の実で回復して返しの攻撃でマッシブーンを落とす。その後ウインディの「クサZ」をガラガラで受け、カプ・テテフが<こだわりスカーフ>を持っていることが判明。カプ・レヒレの「ムーンフォース」で追加効果を引かないと負けの場面できちんと追加効果を引いて望みを繋げる。最後はウインディvsカプ・コケコの対面で『エレキフィールド』下での<こだわりメガネ>「10まんボルト」でほぼHP満タンのウインディを落とし勝利。


R2 mashさん 負け 0-2

自分:f:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100701p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain)

相手:f:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822115850p:plainf:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain


選出画面を見て太鼓暗示だった場合決められてしまうと負けに直結するのでそれを対策した選出にする。初手ウインディが「バークアウト」を打ちながらカプ・コケコは相手のウインディ方向に「ボルトチェンジ」でガラガラを出すことに成功。次のターンガラガラを守らせつつウインディで「バークアウト」を打って盤面を整えようとしたが相手のカプ・レヒレの「ミズZ」が急所に当たりこちらのウインディが倒れてしまう。途中「リフレクター」を貼られたがカビゴンカミツルギの「カクトウZ」で処理し持ち直す。試合終盤『エレキフィールド』下で
相手:f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plain
    vs
自分:f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plain(HP3割)
の対面で、相手のカプ・コケコの技が「リフレクター」、「マジカルシャイン」、「まもる」まで分かっている状態でカビゴンもいることから残りは「ひかりのかべ」と予想しカミツルギを動かすと「10まんボルト」を打たれカミツルギが処理されそのまま負け。対戦後に話を聞いたら壁コケコ偽装だったようで見事に引っかかってしまいました……。


R3 SNOWさん 勝ち 1-1

自分:f:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100701p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain)

相手:f:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822115850p:plain)


2戦目のmashさんと同じ6体なので選出も同じ。初手対面で圧倒的に有利になる。恐らく守られると思いながらもカプ・レヒレが<こだわりメガネ>だったときのことを考えると怖いのでカプ・レヒレ方向に「10まんボルト」、カミツルギに「フレアドライブ」とすると、相手はカプ・レヒレを守らせつつカミツルギウインディに交代。途中サイクル戦が繰り広げられるがガラガラの「じならし」でガラガラが相手のポリゴン2の上を取ることに成功しそのまま処理する。試合も終盤
相手:f:id:kuru_rin:20170822100830p:plain(HP5割、前のターン守っている)f:id:kuru_rin:20170822101019p:plain(HP7割) 
            vs
自分:f:id:kuru_rin:20170822101019p:plain(A1段階上昇)         f:id:kuru_rin:20170822100738p:plain(HP4割)     
この対面で相手の<こだわりスカーフ>カミツルギの「リーフブレード」でカプ・コケコが処理されるもこちらのカミツルギの「せいなるつるぎ」で相手のウインディを処理し、次のターン時間切れで判定勝ち。総合時間制の15分はレートの持ち時間制の試合とは比べ物にならないくらい早く過ぎていくと感じた試合でした。


R4 たきさん 負け 0-3

自分:f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100746p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100958p:plainf:id:kuru_rin:20170822100701p:plain)

相手:f:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822120900p:plainf:id:kuru_rin:20170822115850p:plain(f:id:kuru_rin:20170822120929p:plainf:id:kuru_rin:20170822101234p:plain)


殆どの先発に対応できるカプ・コケコとウインディを先発に置き、ガブリアスウインディバルジーナに強いカプ・レヒレカビゴンを早急に処理するためのカミツルギを後発にする。1ターン目裏からトゲデマルが出てくることが予想できたのでカプ・コケコをカプ・レヒレに交代しつつウインディは「バークアウト」を選ぶと裏からトゲデマルが出てきて<ふうせん>が割れる。途中カビゴンに「のろい」を積まれてカミツルギが「みがわり」をして様子見をしていたところ、相手のカビゴンが「かえんほうしゃ」を持っていることが発覚。「みがわり」と「みきり」でやり過ごそうとするも相手のカビゴンは「かえんほうしゃ」をカミツルギに打ち続けて何も出来ずにカミツルギが落ちる。(「のろい」を積まれて「カクトウZ」を打っても木の実で回復されて意味無いと思い攻撃しなかったが、「カクトウZ」を打った方がよかった)残りのカプ・レヒレで対抗するもそのまま負け。「のろい」と「かえんほうしゃ」を両立しているカビゴンと1回も当たったことが無かったので焦ってしまいました。


R5 ビエラさん 勝ち 1-0

自分:f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plainf:id:kuru_rin:20170822100701p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain)

相手:f:id:kuru_rin:20170822121157p:plainf:id:kuru_rin:20170822121212p:plainf:id:kuru_rin:20170822115850p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822121259p:plain)


太鼓暗示をしてきそうな感じがしたので、先発から圧力をかけるためにカプ・コケコとウインディ、相手のカビゴンが辛いのでカミツルギ、全体的に刺さっているガラガラを選出。ポリゴンZは「トリックルーム」を使っても「Zテクスチャー」を使ってもこちらの脅威になるのでカプ・コケコは「10まんボルト」をポリゴンZに、ウインディはこのターン相手のポケモンを倒してしまっては「トリックルーム」をされた時に不利になるので、「バークアウト」を選択し2体を置物にすることを目指す。相手は「このゆびとまれ」と「トリックルーム」を選択。カプ・コケコが倒されてしまっては困るのでガラガラに交代しつつ、ウインディポリゴンZ方向に「フレアドライブ」。するとポリゴンZの「ノーマルZ」は無効化できたものの、ピクシーに「アンコール」をされウインディが「バークアウト」しか選べなくなる。次のターンポリゴンZカビゴンに、ピクシーをウインディに交代してきたが、ガラガラのピクシー方向の「フレアドライブ」が急所に当たって相手のウインディが半分くらい削れる。「トリックルーム」最終ターンこちらのガラガラとウインディのどちらかが落ちればいいと思い両方動かすと「はらだいこ」を積んだカビゴンから「いわなだれ」が飛んできて2体とも落ちる。「トリックルーム」が切れ
相手:f:id:kuru_rin:20170822115850p:plain(HP7割)f:id:kuru_rin:20170822121212p:plain(HP3割)
      vs
自分:f:id:kuru_rin:20170822100738p:plain    f:id:kuru_rin:20170822101019p:plain

の対面で「このゆびとまれ」+攻撃技かピクシーがウインディに交代するかのどちらの行動をしてくるか考えていたら、時間が少なくなってきて一か八かで「Zみきり」+<こだわりメガネ>「ほうでん」を選択。すると、カビゴンが即痺れを引いて何とか望みを繋げる。その後こちらのカミツルギは痺れを引かず勝利。
この対面で「せいなるつるぎ」と「10まんボルト」をカビゴンに集中することも考えたが、試合序盤にカビゴンに「ほうでん」をした時に思ったよりもダメージが入らなかったため落とせないと思いこの行動をしました。試合後「ほうでん」がダブルダメージになっていることを忘れていたと気づいたので集中するのがよかったと思います。


R6 コウさん 勝ち 2-0

自分:f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822100830p:plainf:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100701p:plainf:id:kuru_rin:20170822100958p:plain)

相手:f:id:kuru_rin:20170822121457p:plainf:id:kuru_rin:20170822100746p:plainf:id:kuru_rin:20170822100701p:plainf:id:kuru_rin:20170822121522p:plain(f:id:kuru_rin:20170822100738p:plainf:id:kuru_rin:20170822101019p:plain)


ガラガラミラー。カプ・コケコとカミツルギに強いガラガラを出そうとしたがワルビアルカプ・レヒレがきついため選出しない方向で進める。ウインディの『いかく』でサポートしながらカプ・コケコで削るためこの2体を先発に。ガラガラが重いのでカプ・レヒレワルビアルカプ・レヒレに有利なカミツルギを後発に。特性の発動順でワルビアルが<こだわりスカーフ>を持っていないことが判明。ワルビアルを早めに処理したかったので「てだすけ」と「マジカルシャイン」を選択すると、ワルビアルをガラガラに交代してきて相手のカプ・レヒレは「だくりゅう」。カプ・コケコをカプ・レヒレに交代しテッカグヤに「フレアドライブ」をすると守られる。その後ウインディを失い、テッカグヤの処理が困難になりカミツルギの「カクトウZ」に頼らざるを得なくなる。テッカグヤに半分くらいダメージを入れて「カクトウZ」を打ったちょうどそのターンに交代でワルビアルが登場し『いかく』で攻撃が下げられ負けを覚悟するも、そのターンテッカグヤは自分のカプ・レヒレに「やどりぎのタネ」を打っており、九死に一生を得る。試合も終盤になり、
相手:f:id:kuru_rin:20170822100701p:plain(HP6割)f:id:kuru_rin:20170822100746p:plain(HP7割、このカプ・レヒレの方が自分のカプ・レヒレよりも速い)
      vs
自分:f:id:kuru_rin:20170822100746p:plain    f:id:kuru_rin:20170822101019p:plain
の対面でこちらとしてはガラガラを処理したいのでガラガラに集中したいが守られて隣のカプ・レヒレに動かれると不利になると考えていたら相手はカプ・レヒレを動かすのではと思いカプ・レヒレに「リーフブレード」を打つとこれが通って勝ち。




今回が初の全国大会で緊張しましたが楽しめました!また来年も出場できるよう頑張ります。